Home > Latitude 10 + Wacom Tablet PC Driver ( 7.1.1-12 ) 用 スリープツール

Latitude 10 + Wacom Tablet PC Driver ( 7.1.1-12 ) 用 スリープツール

  • Last Modified: 2014年1月19日 22:59

この情報はもう古いです。最新のドライバでは改善されたのでもうこのツールは必要ありません

Latitude 10にWacom Tablet PC Driver (7.1.1-12)をインストールした場合、スリープ時に電源ランプが付きっぱなしになる不具合が発生します。
この場合、1時間あたり約1%のバッテリを消費してしまいます。(2セルバッテリ時)

本ツールを使用した場合、この現象を回避してスリープすることができます。

使い方)
ダウンロード後、解凍してから使用します。

WacomDeviceCtl.exeを実行すると、タスクトレイにオレンジ色の電源マークのアイコンが常駐します。
このアイコンをダブルタップするとPCがスリープします。

自動起動の設定)
taskCreate.batを右クリックし、「管理者で実行」してください
次回PC起動時から自動起動するようになります。

本ツールが不要になった場合はtaskDelete.batを右クリックして「管理者で実行」してください。

注意点)
スリープの実行操作はキーボードマクロで行っています。100%の動作は保証できません。
スリープ前に作業中のファイルなどは保存しておいたほうが安心です。

■ダウンロード wctl.zip

■関連ツール
Windows8タブレット用左手ソフトキーボード TouchKey

Windows8タブレット用砂時計表示ツール WaitInfomation

Comments:0

Comment Form

Home > Latitude 10 + Wacom Tablet PC Driver ( 7.1.1-12 ) 用 スリープツール

Search
Feeds & Contact

Return to page top