タブレットを沢山買ってきて。

前提。

メインの作画環境ではCintiq21UX(DTK)を使用。 それ以前はIntuos4を使用。

これまでに使ったタブレット類

無駄に買っている。

  • HP tx2505 - AMDのCPUを搭載。Wacom。256段かな? 1280 * 808。
  • Latitude 10 - 言わずと知れた新生Atomタブレット。Wacom。1024段。 1366 * 768。 10インチ。名機。
  • Surface Pro 2 - Wacom。i5。1024段。FullHD 11インチ。
  • SHARP PC-BM10 - 噂のあいつ。N-Trig(旧)。256段。FullHD 16インチ。

サイズ、方式、CPU。 それぞれバラバラのスペックだが絵を描くという意味では毎回同じ結論に達している。

「落書き、下書きまでならいける。ペン入れは厳しい。」

Wacom feel it

WACOMのfeel itテクノロジー搭載機は筆圧に関しては満足できるレベル。 だが10インチクラスのモニタで使うのは狭いし、Cintiqに比べカーソルの挙動が安定しないためストレスがたまる。 大抵の機種で、特定の場所で特定の方向にカーソルがぶれる癖がある。

N-Trig(旧)

N-Trig(旧)はカーソルのブレの無さはかなり満足できるレベルだが、筆圧に関してはいまいち。 また、フローティングした状態からペン先を接地した瞬間に若干カーソル位置がワープする挙動がある。 個体差なのかはわからないが地味にストレス。

N-Trig(新)

N-Trig(新)はフローティングカーソルの遅延と、ゆっくりと描画したときのブレが致命的。 なんで旧式のほうがフィーリングいいんだよっていうレベル。

そして

そして全方式に共通なのがCintiqでは感じない、ペンが邪魔という感覚。 Cintiqはペンの寝かせ方により、「ペン先の方向にカーソルが逃げる」安定した挙動をする。 だがタブレットPCに搭載された各方式ではキャリブレーションした方向にズレはするが、ペンの傾き方によってはペン軸側にカーソルがずれたりする。 これが邪魔という感覚につながっている模様。

まとめ。

どの欠点も気にならない人は気にならないのだろうし、拡大して描くなり、補正値を大きくするなどの工夫である程度補うこともできるだろう。 でも俺個人の感想としては先に述べたとおり。

だいぶ遠回りをしているが結局のところ絵を描くのであればCintiqなのだ。 CPUよりメモリより何より入力機器。これが大事。 i5を積んだfeel itタブレットと、Cintiqを搭載したAtomタブレットなら後者を選択するというぐらいには。そんなもんないが。

なので、ここまでいろいろなタブレットを買ったが、次に俺が買うとしたらCintiq Companionなのである。 Wacom+東芝の新方式もちょっと気になるけれど。

とはいえ出先でペン入れをするか?といわれればそんなことは今のところほとんどない。 温泉ネーム用がせいぜいなので、これまでのタブレットでもいいっちゃいいのだ。