3DプリンタでLEDライト*クリップ

夜、ウォーキングやジョギングに出かける際、明るい服装や反射帯、LEDライト等持ち歩いてますか? なぜか真っ黒な服装で夜の闇に忍んでいる人も多いですが、自動車や自転車との衝突事故などを事前に防止する方策として「目立つ」のはとても大事です。 夜バイクに突っ込まれたことのある俺が言うのでたぶん確かです。

これまでいくつかの方法を試してきました。

第一弾: 自転車用LEDライト + リストバンド

手元にあった部材で構築できたのでお手軽。ぶらぶらするので正直邪魔。

第二段:ジェントス セーフティライト


用途専用品。腕に巻きつけるのでぶらつかないのが利点。 締め付け感がウザったいのと、明るすぎてつけてる自分がまぶしいという欠点あり。

第三弾:100均LEDライト + 3Dプリンタ製クリップ

今回作ったのがこれ。 ダイソーで買ってきた100円LEDライトにクリップを付けました。

ポイントはスライドロック式のLEDライトであることと、クリップが横向きについてること。

100均の小型LEDライトは「押しているあいだ光る」物が割と多く、ずっと光らせられないものが多いです。 ダイソーでたまたま見かけたこのライトはスライドスイッチなのでつけっぱなしにできます。

また、クリップを横向きに付けたことによりポケットにこのLEDライトを固定した際、光が足元を照らします。 クリップをライト方向と同一方向に付けた場合、ポケットに付けるとひかりは真横を指すことになり、効果が低減します。

構造的にはプリント効率と強度を考え2ピース構造。 LEDライト本体に固定するブラケット部分と、クリップ部分です。

ブラケットはLEDライトのキーチェーン接続ホールに差し込んだうえで、両面テープで固定。 ブラケット部分とクリップ部分は2mmx3mmのブロックでスナップオン+補助で両面テープ。 形状を追い込めば両面テープはいらなくなりそうですがそこまでする利点もないので妥協です。

クリップ部分は取り付け時に開くことが多くなるので、稼動方向に対し積層方向を横にとってあります。 積層方向に開くような動作を加えるとそこから剥離しやすくなりますので。

そんなわけで今回の「作ってみた」、LEDライトにクリップをつけてみた。でした。